Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「長崎和牛」系統枝肉共励会で平野幸一さんが2冠達成 JA全農ながさき2021年8月4日

一覧へ

JA全農ながさきは7月24日、第27回「長崎和牛」系統枝肉共励会を佐世保食肉センター(株)で開催した。最高賞のグランドチャンピオン賞には、JA島原雲仙の平野幸一さんの出品牛が輝き、昨年に続き2冠を達成した。

IMG_1977.JPGグランドチャンピオン賞受賞枝肉

「長崎和牛」系統枝肉共励会は、系統繁殖農家と系統肥育農家が一体となり、飼養管理技術を高める研鑚の場として、同時に長崎和牛ブランドの定着と肉牛生産農家の経営の安定化を図ることを目的に毎年開催。今年も昨年同様、参加者の入場制限やマスクの着用、密の回避など、新型コロナウイルス感染防止対策を徹底し行われた。

今年は県下JAの長崎和牛生産者が黒毛和種去勢89頭、雌11頭の計100頭を出品。褒賞対象の10点には、「ロース芯面積70平方センチ以上」という高い目標を掲げ競い合った。

グランドチャンピオン賞を受賞した枝肉は、格付A5、BMSNo.は最高位のNo.12、枝肉重量540.6kg、枝単価は7020円/㎏の高値で取引された。

また、出品牛100頭の平均枝肉重量が532.1kg、枝肉格付の最高位となる5等級が86頭、4等級以上を指す上物率は100%といずれも好成績となり、飼養管理技術の向上がみられた。

販売については、平均単価2861円(税別)で、枝肉全頭が県内外の取引先に活発に購買された。

受賞者は次の通り(敬称略)
◎グランドチャンピオン賞 平野幸一(JA島原雲仙)
◎金賞 荒木良平(JA島原雲仙)
◎同 岳下肇(JA長崎せいひ)
◎銀賞 小川博信(JA島原雲仙)
◎同 喜々津貴広(JAながさき県央)
◎同 浦上芳夫(JAながさき西海)
◎銅賞 前田博孝(JA長崎せいひ)
◎同 堀川稲男(JA島原雲仙)
◎同 井上義見(JAながさき県央)
◎同 川口礼子(JA島原雲仙)

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る