Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

TOKYO FM番組で秋田県産トマト100%「のむトマト」PR JA全農2021年9月15日

一覧へ

JA全農は9月15日、TOKYO FMのラジオ6番組で、秋田県産の大人気トマトジュース「“のむ”トマト」を紹介する。

TOKYO FM番組で秋田県産トマト100%「のむトマト」PR JA全農TOKYO FM番組で秋田県産トマト100%「のむトマト」PR JA全農

「"のむ"トマト」は、秋田の大地で育まれた真っ赤なトマトをぎゅっとしぼった、濃縮製法・保存料不使用のトマト100%のトマトジュース。「夏秋トマト」の収穫時期にあわせ、JA全農あきた県南園芸センターで作っている。熟したトマトをそのまま閉じ込めており、まさにトマトジュースというより「飲む」トマトで、さらっとしていて飲みやすく、栄養も丸ごととれる。ビーフシチューやスープなどのお料理にもおすすめ。産地直送通販サイトJAタウン「おらほの逸品館」で購入できる。

各番組では、午前6時放送開始の「ONEMORNING」から午後5時から放送の「SkyrocketCompany」まで、パーソナリティが「"のむ"トマト」の魅力や美味しさを試飲も交えて伝える。また、全農公式Twitter「全農広報部食農応援」アカウントでは、試飲の模様やコメントなどを随時発信。各番組Twitterでも「#ニッポンのごちそうプレゼント企画」を実施する。

◎秋田県の「"のむ"トマト」が当たる#ニッポンのごちそうプレゼント

応募期間:9月15日まで

応募方法
(1)各番組のTwitterアカウントと「全農広報部食農応援(@shokuikuzennoh)」をフォロー
(2)キャンペーンツイートをリツイート

内容:秋田県の「"のむ"トマト」を計18人にプレゼント

【Twitterアカウント「全農広報部 食農応援」】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る