2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
FMCセンターPC:ベネビア®OD
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

親子一緒に都内の農園で収穫体験「だいきらい野菜バイト」募集中 JA全農2022年8月10日

一覧へ

JA全農は8月10日、野菜嫌いの小学生を対象に“きらいな野菜を収穫する”条件付きのアルバイト「だいきらい野菜バイト」の募集を開始。抽選で選ばれた親子は、8月30日に、東京都調布市にある伊藤農園asobibatakeで、実際に野菜の収穫を体験できる。

親子一緒に都内の農園で収穫体験「だいきらい野菜バイト」募集中 JA全農

夏休み最後の思い出に、野菜の本当の良さを知ることができる場を提供するアルバイト。"報酬"として、図書カード1000円分と、自分たちで収穫した新鮮な野菜を持ち帰ることができる。

JA全農が、小学生の子どもがいる保護者を対象に行った「こどもの野菜嫌いに関する調査」によると、全体の8割の小学生に嫌いな野菜があり、保護者の5割が、こどもの野菜嫌いで悩んでいることがわかった。

日本人の野菜の生産量と消費量は減少傾向にあり、それと同時に農家の働き手も少なくなっている。そこで、JA全農は農家を応援するため、野菜のおいしさや、消費者の手元に野菜が届くまでの流れを学ぶ場を提供。一人でも多くのこどもが野菜に対する見方を変えてくれるよう、「だいきらい野菜バイト」を募集する。

親子一緒に都内の農園で収穫体験「だいきらい野菜バイト」募集中 JA全農

◎「だいきらい野菜バイト」概要
日時:8月30日 ※雨天の場合、8月31日に順延。
場所:伊藤農園asobibatake(東京都調布市)
参加者年齢:小学生
参加条件:ピーマンorなすorトマトをきらいなこと
人数:10~15組 ※保護者同伴
募集方法:サイトの応募フォームから
募集期間:8月10日~8月17日
報酬: 図書カード1000円分+収穫した野菜
交通費:個人負担

【「だいきらい野菜バイト」WEBサイト】

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る