2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

ひょう被害果を「あた梨ちゃん」と命名し販売 JAいちかわ2022年8月10日

一覧へ

JAいちかわは、6月のひょう被害で傷ついたにあった「市川のなし」をJAが買い取り販売を始めた。表面に傷がついた以外は味も食感も問題はなく平年以上のおいしさに仕上がったという。JA支店やイベントでの販売のほか、ネット販売も行っている。

ひょう被害果を「あた梨ちゃん」と命名し販売 JAいちかわ雹(ひょう)が降ったのは6月3日の夕方。市川市内のほぼ全域に降り、市内の梨の幼果が傷ついた。

被害額は約13億円にものぼる。平年通りの贈答向けの出荷はできないが、梨農家は少しでも傷が癒えて表面の傷が小さくなる育て方を工夫したところ、強くたくましく育ち、皮をむけば平年以上のおいしさに仕上がったという。

JAは少し傷が残る梨を買い取り、農家への支援策としてJAの支店での販売や販売会を実施することにした。

今回のひょう被害は市川地域では半世紀ぶりのことで、被害を受けた梨は滅多にない機会に当たったとして「あた梨ちゃん」と命名。災い転じて福となす想いを込めた。

そのほか被害が大きい梨は山崎パン、不二家など食品メーカーに加工用として販売する。

8月19日(金)、20(土)、21日(日)はJR東日本西船橋駅で販売会を開く。品種は「幸水」「豊水」の予定。それぞれ300袋(1袋2㎏)で価格は1000円(税込み)。全日なくなり次第終了する。

またネットでも販売している。

(関連記事)
【クローズアップ】梨畑の7割に降ひょう被害 不安募らせる農家 JAいちかわ

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る