人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
JA全中中央①PC
日本曹達 231012 SP

埼玉の農産物をPR 農商工連携フェア2023年2月2日

一覧へ

埼玉県内の農業・食品産業が一堂に会し、県産品をPRする「埼玉県農商工連携フェア ~農と食の展示・商談会」が2月1日、さいたま市の「さいたまスーパーアリーナ」で開かれた。埼玉県と埼玉りそな銀行の共催で、実開催は3年ぶり。埼玉県を中心に約180社の〝農〟と〝食〟に関わる農畜産物の生産者、食品加工業者などが、1000品目に及ぶ生鮮職員や食材、加工品を出展し、埼玉県の産品をアピールした。

終日、来場者で賑わった農商工連携フェア終日、来場者で賑わった農商工連携フェア

会場のさいたまスーパーアリーナには出展者のブースが並び、午前10時の開会から午後5時まで、大勢の参加者で賑わった。埼玉県で栽培された新鮮な農産物や家庭・ギフト・業務用の加工食品、地元ならではの食材を使ったスイーツ、オーガニック商品、ヴィーガン商品、埼玉で造られた日本酒や地ビール、一部、関西や東北・九州などからの友好出展もあった。

JAグループからは、JA埼玉中央がイチゴや伝統野菜の「のらぼう菜」、JAくまがやはプライベート商品の備蓄用「アルファ米」、JA埼玉ひびきのはもち米パックご飯「かんな清流米」などを紹介した。22社が出展した「農業発!新商品お披露目会」や「Made saitama 優良加工食品大賞入賞商品コーナー」も賑わった。

JAグループの出展ブースJAグループの出展ブース

JA全農さいたま園芸販売部直販企画課の田島浩之課長は「大きな産地はないが、埼玉県では多種多様な農産物がとれ、消費地に近いので新鮮なうちに届けることができる。このことを知って、もっと埼玉県の農産物を食べてほしい」と期待を込めた。

JAグループの出展ブース

このほか、会場ではアイガモ農法で有機米の栽培に取り組む生産者が、「安全でおいしい有機栽培の米や野菜をもっと食べて欲しい」と訴え、またニンジンやゴボウなどのオリジナルドレッシングの開発に取り組み女子大学のブースでは「素人なので、販売が難しい。ノウハウを学びたい」と、JAなどの支援を求める声が聞かれた。また友好出展の兵庫県淡路島のタマネギの販売業者は「シェアの低い関東への出荷に力を入れたい」と話していた。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る