左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SPヘッダー:石原バイオサイエンス・クロスアウトフロアブル
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

東京・大阪で「佐賀牛と佐賀県産米フェア」12月1日から開催 JA全農2023年11月29日

一覧へ

JA全農は12月1日~1月31日、「佐賀牛と佐賀県産米フェア」を東京と大阪の飲食3店舗で開催する。

東京・大阪で「佐賀牛と佐賀県産米フェア」12月1日から開催 JA全農

同フェアは、みのる食堂三越銀座店(東京都中央区)、和牛とごはん「焼肉じゅん」枚方市役所前店(大阪府枚方市)、籠乃屋本店(大阪府八尾市)の3店舗で開催。

各店舗では、期間替わりで全国各地の銘柄和牛と銘柄米を提供しており、今回は佐賀県の「佐賀牛」とお米の「さがびより」を届ける。

全国でも有数のブランド牛として定評のある「佐賀牛」は、"艶さし"と称されるやわらかな赤身の中に風味ただようきめ細かな脂肪が入った美しい霜降りと、ジューシーで舌にとろけるやわらかさが自慢の逸品。また、「さがびより」は、食味ランキングで13年連続『特A』を獲得している佐賀県オリジナルの品種で、つやが良く、粒が大きく、もっちり食感が特長となる。

東京・大阪で「佐賀牛と佐賀県産米フェア」12月1日から開催 JA全農今回のフェアでは、「佐賀牛」を使った特別メニューや、すべてのご飯を「さがびより」で提供。また、みのる食堂三越銀座店では、500年の歴史をもつ銘茶「うれしの茶」をサービスする。

フェアで使用する「佐賀牛」や「さがびより」等の佐賀県産食材は、JA全農が運営する産地直送通販サイトJAタウン「さが風土館 季楽」でも購入できる。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る