人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
ヘッダー:FMC221007SP
FMCプレバソンPC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

「宮崎県産日向夏サワー」12日から順次発売 JA全農2023年12月11日

一覧へ

JA全農は、国分グループ本社と共同開発した「宮崎県産日向夏サワー」を発売。グループ会社の全国農協食品を通じて、セブンイレブンの九州エリア(約2400店舗)で12月12日から先行販売し、同26日から関西エリア(約2900店舗)で販売する。また、全国のイトーヨーカドーとヨークでも2024年1月15日から順次販売する。

宮崎県産日向夏サワー宮崎県産日向夏サワー

「日向夏」のルーツは、1820年頃、現在の宮崎市の民家で発見された1本の木と言われ、今では宮崎を代表する特産果実として広く栽培されている。太陽の光をたくさん浴びた日向夏は、表皮と果肉の間にある真っ白なドレス(白皮)にほのかな甘みがある。食べ方にも特徴があり、白皮を残して表皮をむき、果肉と一緒に食べることで、他の柑橘類にはない爽やかな香りと白皮の甘み、果肉の酸味の調和を楽しめる。

香料を使わずに、「日向夏」本来の爽やかな酸味とほどよい甘さが引き立つサワーに仕上げた同商品は、宮崎県産「日向夏」の果汁を10%使っており、アルコール度数は4%。また、宮崎県産日向夏は、全収穫量のうち約40%を加工用として使用している。

同商品は、流通に適していない素材も一部加工用として使うことで、生産者の所得向上を目指している。こうした市場流通に適さない果実を商品化し、有効利用する取り組みは、SDGsの「9:産業と技術革新の基盤をつくろう」「12:つくる責任つかう責任」「15:陸の豊かさも守ろう」つながる。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る