人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
日本曹達 231012 PC
FMCプレバソンSP

元卓球日本代表・石川佳純が全国を巡る卓球教室 新潟で開催 JA全農2024年5月28日

一覧へ

JA全農は5月25日、全農所属で元卓球日本代表の石川佳純さんによる卓球教室「全農presents石川佳純47都道府県サンクスツアーin新潟・新発田市」を新潟県新発田市の新発田市カルチャーセンターで開催。卓球に取り組む子どもたちに、「心技体」の重要性について直接伝授した。

石川さんと新潟県の子どもたち

石川さんと新潟県の子どもたち

「石川佳純47都道府県サンクスツアー」(企画:IMG)は石川さんが全国各地の人々との交流を通じて、卓球の魅力やスポーツの楽しさを伝えることを目的に企画された。2022年4月に始まり、今回で26回目の開催。全農主催は4月20日の岡山県開催に続き7回目となる。

同イベントでは、世界の舞台で戦ってきた石川さんが自身の経験をもとに、トークショーや実技指導を通して健康で強い心と体を持つ選手になるために重要な「心技体」について新潟県の子どもたちに伝えた。「技」を伝えるパートでは自身のプレーを披露するとともに、新潟県内の小学3年生から6年生までの54人に直接指導。ウォーミングアップとして食べ物を表現する石川さんのジェスチャーをもとに、子どもたちが正解の食べ物の描かれた「食べ物かるた」を探すレクリエーションで体を温めたところで、石川さんが卓球台を1台1台まわり、ラケットや身体の使い方を丁寧にアドバイスした。

参加した子どもにアドバイスする石川さん

参加した子どもにアドバイスする石川さん

参加者の疑問に答える質問コーナーも実施。石川さんは、「石川佳純47都道府県サンクスツアーを始めた理由を教えてください」という質問に、「現役時代頑張れたのは皆さんに支えてもらったおかげ。全国を回って感謝を伝えたい、卓球に出会って自分自身成長したのでその経験を皆さんに伝えたいと思って始めた」と回答。また、「なぜここまで努力を続けられたんですか」という質問には、「卓球が大好きだったから目標に向かって頑張ることの楽しさを覚えた。成功した時、優勝した時の喜びが楽しさにつながった。大変な時もあるけど楽しんで続けられた」と答えた。子どもたちは様々な疑問や悩みを石川さんにぶつけ、交流を楽しんだ 。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る