JAの活動 シリーズ詳細

シリーズ:ヒント&ピント ~JAの広報誌から~

2018.12.02 
【ヒント&ピント】伝えよう!JAの自己改革5一覧へ

 いくら立派な広報誌を作っても、組合員に読まれなければ意味がない。どうすれば手にとり、目を通してもらえる広報誌をつくれるか。いま、そのことが「自己改革」を進めているJAに問われている。そうした工夫のみられる記事を、当協会に送っていただいている広報誌の中からピックアップし、この欄で重点的に掲載します。

◆農業振興を継続
JA山武郡市「かがやき」(千葉県)

JA山武郡市「かがやき」(千葉県) 「農業振興計画2016の実践」として、現在、実践中の農業振興策を紹介する「農業振興計画2016」のレポートを連載している。「JA改革」とは銘打っていないが、農業振興による農業所得の増大はJA改革の最重要テーマである。
 多くのJAで中・長期の農業振興計画に挑戦しており、その中間総括による到達点の確認と、次に取り組むべき課題の整理は不可欠だ。写真や囲みをうまく配置してある。

 

◆都市JAならでは
JA東京みどり「みどり」

JA東京みどり「みどり」 JA改革は、JAの置かれた環境によって異なる。都市農協のJA東京みどりは、(1)新規農産物直売所オープン、(2)肥料を低価格で組合員に販売、(3)学校給食へ地場産野菜を提供、(4)6次産業化の講演会、(5)収穫体験付定期積金を、取り組み事例として紹介している。同じ欄で88%の組合員が准組合員の利用制限を「しない方がよい」と回答した調査結果を報告。
 都市JAこそ、地域と共にあることがよくわかる。

 

◆成果と課題示す
JA淡路日の出「さんらいず」(兵庫県)

JA淡路日の出「さんらいず」(兵庫県) 今年度上半期の成果と下半期の課題を分かり易く整理してある。自己改革プログラムで定めた平成30年度、7つの目標と、その到達点を数字で示し、取り組むべき事項を明らかにしている。
 例えば、直売所の活性化では、部会員の20%増を挙げ、秋冬野菜と果樹栽培者に募集案内するとしている。
 ページ数に制限があるとは思うが、こうしたテーマは思い切って大きく、メリハリをつけて編集したい。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ