FMCトップSP:育苗箱混合剤
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

JAの活動:今さら聞けない営農情報

GAPと記録【今さら聞けない営農情報】第58回2020年7月3日

一覧へ

GAPとは、環境的、経済社会にバランスの取れた持続可能な農業を行うことにより、結果として安全で良質な食用及び非食用の農産物をもたらすことを目的にしています。

国連食糧農業機関 (FAO)のGAP定義によれば、農業による環境汚染の防止(肥料による湖や河川・地下水の汚染防止、農薬など)、労働者の保護、家畜福祉、労働者の保護(農業機械の安全な取扱い、良好な作業環境確保など)、安全な農産物の生産(農薬残留のリスク低減、作業所衛生確保的な収穫・調整など) 、農場(事業者)としての責務(作業記録・出荷の保管、緊急対応マニュアルなど)に取り組むことです。

これら、目的を果たすために必要なのが、農業者が正しく行った作業を正しく記録しておくことです。

肥料や農薬の使用記録を始め、播種とか、移植とかといった作業全般、出荷に関する記録(どの圃場からどれだけの量の農作物を収穫したか、出荷調整作業の場所・数、どこにどの作物をどれだけ出荷したかなど)など、GAPの要件で記録を残すものが決まっています。

特に、農薬の使用など法律に従って行わなければならないものなどは、法令順守の記録を残しておかないと、万が一事故があった場合に追跡できず、損害や責任が大きくなってしまう可能性があるので重要です。

これらの一連の記録は面倒なようですが、もし、何か事故等があった場合には、原因の究明に役立ちますし、問題があった部分に関係するものだけに対処できたりと、被害対応を速やかに、かつ最小限の被害に抑えることができるようになります。

このように、記録を取るという行為は、農業者自身の正しさを証明し、損害を最小限に抑えることが可能となり、作業記録の見直しで作業を効率化できるなど様々なメリットが出る重要な業務だといえます。
このため、GAPでは記録をきちんと残しているかを重要視し、認証審査でも重点的に確認されます。

ただ、実際の営農を考えると、記録は認証を取るためというよりも、自分自身の営農に役立つものですので、GAP認証の有無にかかわらず、全ての農家に行って頂きたいものです。

もし、あまり記録をとっていないような場合は、まずは日々の記録を残す習慣づけをしてみてはいかがでしょうか?

それを見直すことで、自身の営農の課題などが見えてくると思います。

最新の記事

シンジェンタミネクトブラスター:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る