Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAの活動:ヒント&ピント ~JAの広報誌から~

斬新な切り口で勝負【ヒント&ピント~JAの広報誌から】2021年6月12日

一覧へ

数あるJA広報誌のなかから、いくつかの目を引いた企画、あるいは紙面構成をひろってみた。一つは神奈川県JA横浜の特集「農福連携」、それに兵庫県JA兵庫六甲の「旬農家」、愛媛県JAおちいまばりの表紙の写真である。特段、新しい企画ではないが、取り上げ方に味がある。

ヒント&ピント_アグリ横浜「農福連携」の事例詳細に
JA横浜「Agri横浜」(神奈川県)

からだに障がいのある人が農業に従事することを通じて社会参加し、自信や生きがいが持てるようにする取り組みである。

「Agri横浜」は、管内でこの事例を二つ挙げ、ルポ風にまとめている。一つは社会福祉法人のスタッフとして障がい者への栽培指導をしていた人が始めたもので、もう一つはNPO法人の運営による。

農福連携は、新しい農業観を持つ経営者の多い都市農業で生まれやすく、また既成の組織ではなかなか取り組みにくい面がある。その点で「Agri横浜」のテーマ設定と、内容がよくまとまっている。

農家推薦のレシピも
JA兵庫六甲「Wave Rokko」(兵庫県)

ヒント&ピント_兵庫六甲人物紹介の連載「おじゃまします!!旬農家」は、料理のページかと間違いそうだ。ミニトマト栽培農家の紹介と併せ、その農家が推薦する料理のレシピを「旬農家さんから教えてもらった旬レシピ」として、トマトサラダの作り方を紹介。人物と経営、旬の野菜PR、消費拡大につながる料理方法と、一石三鳥の企画だ。

農家が推薦した料理は広報担当部署で試作しており、味や作り方は「Wave Rokko」の保証書つき。スタートしたのは2020年度からだが、このスタイルは5年以上続いており、次に何が出るか、リピーターの楽しみの一つになっている。

ヒント&ピント_おちいまばりお年寄りも表紙に
JAおちいまばり「JAおちいまばり」(愛媛県)

「絵(写真)になる」写真は子どもとお年寄りと言われる。広報誌の表紙を飾る写真もそうだが、少子化の結果、最近は子どもの写真が多く、お年寄りが登場するケースは、家族写真以外にはあまり見られなくなった。そのなかで「JAおちいまばり」はお年寄りの女性を登場させている。

バックナンバーを見ても例がなく、定番ではなさそうだが、連載ものの「注目の人」でも82歳の牡丹農家を紹介している。お年寄りは孫世代の引き立て役ではない。元気なお年寄りもJA事業や地域にとって大事な存在である。積極的に採用を。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る