Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:シグナム
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAの活動:私の意見・提言 JAへエール

ポイント付加で食料自給率向上を JA菊池代表理事組合長 三角修【私の意見・提言 JAへエール】2020年8月12日

一覧へ

JA菊池 三角修代表理事組合長JA菊池代表理事組合長
三角修 氏

新型コロナウイルス感染症の拡大で日本の実力が見えてきた。マスクをはじめとして、さまざまなものを思った以上に他国に依存している。また、感染症に対するBCP(事業継続計画)の脆(ぜい)弱さが目立った。しかし、そういいながらも「強制」ではなく、「自粛」「自重」という言葉のもと、日本人特有の「思いやり」「配慮」「利他の心」が注目された。

私は、持続可能な社会を「食料」を通じて考えてみたい。2018年、食料自給率は37%と過去最低となり、低下の一途をたどっている。私の小学校時代は一人2俵近くは食べていた米も、今では1俵にも満たない50数kgとなっている。戦後、ご飯と漬物で食事を済ませていた時代とは異なり、肉、魚、牛乳などのタンパク質を多く摂取する食生活への変化も一つの要因と考えられる。

そのような中、JA菊池では2008年に農水省の指導により、飼料用米をホルスタインに給与するという実証試験を行った。現在、その牛はJA菊池のブランド牛「えこめ牛」として、年間1000頭を出荷している。そこには、牛、豚、鶏の配合飼料の原料の多くがアメリカ、ブラジルから輸入されていることが、自給率低下の一因となっている。飼料用米を与えることがつまりフードマイレージを減少させるというものである。
水田に水を張ることによって、30~40年の長い年月をかけて人間の命の水となる。それが分かりやすいのが熊本市の生活用水だ。ほぼ100%を天然地下水でまかなっている。阿蘇で降った雨が菊池地域の水田で蓄えられ、地下水となり熊本市内の水前寺公園や江津湖で自噴しているのだ。

そこで、私は日本の食料自給率を上げながら、地球温暖化を防止する国民運動を提案したい。今回のコロナ渦により、海外では自国の食料不足を懸念し、輸出規制をした国もある。日本もいつそのような事態がおこるかわからない。よって、食料安全保障の面からも国産の食料品を優先して利用してもらう策が必要と思う。また、SDGsの目標13には「気候変動に具体的な対策を」とあり、寒い冬に重油を多く使って野菜、果物を生産することに疑問を持っている。

そこで、この二つの運動をするにあたり、食料品に「この商品は自給率〇〇%」などと表示。「自給率」「フードマイレージ」の数値を記入して、ポイント化し、それをスマートフォンで加算していくという案を提案したい。これにより、環境負荷が少ない自給率の高い商品を消費してもらうことで、国民的食料自給率向上運動と地球温暖化の防止に役立つのではないか。

(関連記事)

私の意見・提言 JAへエール

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る