Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAの活動:私の意見・提言 JAへエール

一つひとつの小さな力を信じる 「変化できる者」で生き残りを JA鹿児島きもつき 代表理事組合長 下小野田寛【私の意見・提言JAへエール】2020年8月26日

一覧へ

JA鹿児島きもつき 代表理事組合長 下小野田寛「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残ることができるのは変化できる者である」という言葉にいま、改めて考えさせられる。超グローバルなネット社会でGAFA(グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップル)に代表される強大なIT企業の存在が注目されている。

いつの間にかネット社会で最も強い者が生き残り、最も賢い者が生き延びているのではないか。その強くて賢い者は、リアルの世界でも大きな存在となり、影響力を増しつつあり、まさに弱肉強食の世界である。GAFAの存在は、かつて地球上に存在した恐竜を想像させてしまう。最も強い者は社会を力で自分の思うように支配できると考えている。

最も賢い者は自分の考え、アイデアを使って社会を動かそうと考える。最も強い者は最も賢い者のアイデアを求めるし、最も賢い者は最も強い者の力をうまく利用しようと考える。二者の利害はここで一致する。最も強い者と最も賢い者が手を結べば、まさに最強だ。「変化できる者」が本当に唯一生き残ることができるのか。

最強だと思うところに唯一の弱点がある。会社、組織、社会を成すのは、一つひとつの「個」である。人も動物、植物も一つひとつの小さな細胞で成り立っている。この個の細胞が衰退していけば、一つひとつの小さな細胞から成り立っている人も動物、植物もやがて死に至る。一つひとつの「個」が大事であり、その「個」の存在をおろそかにしたら全体の衰退が始まる。一つひとつの「個」を大切にできることができる者が「変化できる者」である。GAFAにしても、今では最強かもしれないが、一つひとつの「個」を大事にしなくなった時、やがて衰退に向かうのだろう。

JAは「変化できるもの」でなければならない。地域社会において私たちJAは一つひとつの「個」を大切にできる存在にならなければならない。一人ひとりの組合員を大切に、一つひとつの部会を、一人ひとりの職員を、一つひとつの支所を、一つひとつの地域社会を大切にできる組織でなければならない。
私たちJAは、一つひとつを大切にできる組織だから、協同組合と言えるし、一人ひとりの農家組合員を大切にできるから農業協同組合としてその使命を果たすことができる。一つひとつを大切にするとは、「小さな力を信じること」である。

私たちは得てして、国とか政府、大企業をはじめとする大きな組織の力ばっかりに目が行きがちであるが、一つひとつの小さな力に大きな力があることを私は信じる。一つひとつの小さな力が集まり、お互いに小さな力を信じあっていけば、大きな力に転じることができる。小さな力であることを自ら自覚してその小さな力の自分が原動力となって大きな力を創る。そこに私たちのJAがある。


(関連記事)

私の意見・提言 JAへエール

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る