農政 ニュース詳細

2013.03.05 
【TPP】公約破りは許されない! 国民生活に深刻な打撃 官邸前アクション一覧へ

 TPP交渉参加断固反対を訴えて農業、労働団体、市民団体や医療関係者などが3月5日夕、首相官邸前に集まった。冷たい風が吹きつけるなか「TPPは雇用を減らす」、「TPPは格差を広げる」などと農業の関税問題だけではなく、広く国民生活に深刻な打撃を与えることを参加者はアピール、「TPP参加は絶対に許されない」と声を上げた。

         TPP参加表明阻止を訴えマイクを握る医師たち(左)と農家の女性たちTPP参加表明阻止を訴えマイクを握る医師たち(左)と農家の女性たち

(写真)TPP参加表明阻止を訴えマイクを握る医師たち(左)と農家の女性たち

 主催は「STOP TPP!! 官邸前アクション実行委員会」。よびかけ人には農業団体、医療団体、消費者団体やTPP参加反対を訴えて運動を続けてきたさまざまNGOなど。市町村議員も個人で名を連ねている。
 主催者は「日米首脳会談以降、マスコミはもう日本はTPP参加をするように報道し、多くの人が心配している。とくに自民党公約を信じて投票した農民、漁民の方は猛然と怒っている。日本はまだ参加表明したわけではないが、危機感を高め今日の行動を呼びかけた」と訴えた。
 茨城から参加した農家の女性たち4人はマイクを握り「子どもや孫においしい農産物を食べさせたい。しかしTPPに参加すれば私たちのような小さな農家はやっていけなくなる」と参加表明阻止を訴えた。
 また、医者のグループは「TPPは秘密交渉だという。民主主義の国でそれは許されない」、「国民皆保険制度が足下から崩されることが心配」などと訴え、外国企業が国家を訴訟する権利などを認めるTPPは「国家主権の侵害」と強調した。
「公約破りは許されない!」と首相官邸前でアピール そのほか、消費者団体からは農産物の関税撤廃に「例外」が認められるという安倍首相の認識について「例外というのは、年数を少しずらすだけのこと。いずれは自由化され関税はゼロになる」とTPPの本質について批判。
 参加者は官邸に向けて「TPPは雇用を減らす」、「TPPは格差を拡大する」、「公約を守れ」などとアピールした。


(写真)
「公約破りは許されない!」と首相官邸前でアピール

 

(関連記事)
【TPP】「米」の例外は一時的の可能性 韓米FTA (2013.03.05)

【TPP】参加断固反対 国民会議が緊急アピール (2013.03.04)

TPP交渉参加にはあくまで反対 JA全中会長が首相、農相に申し入れ (2013.03.01)

【TPP 重大局面】 緊急寄稿 再選後のオバマ体制とTPP問題  大妻女子大学教授・田代洋一 (2013.03.01)

米国の議会と政府は日本参加に根強い反対論も 自動車問題が深刻 (2013.02.28)

「守り抜くべき国益」と対処方針の明確化を 自民党外交・経済連携調査会が決議 (2013.02.27)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ