Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:アクサーFL
JA全中中央①PC
全農ビジネスサポート:センター上:SP

森と水を考えるシンポジウム 森林総研2013年5月9日

一覧へ

 (独)森林総合研究所は早稲田大学環境総合研究センターと共同で5月22日、国連・国際生物多様性の日記念シンポジウム「森の生きものと水とのつながり」を開く。

 同日は国連が定めた国際生物多様性の日だ。国連は2013年を「国際水協力年」とし、今年の生物多様性の日のテーマも「水と生物多様性」に決めた。このテーマにあわせて、森に棲む生き物と水との関係をさまざまな角度から考える講演を行う。
 早稲田大学小野記念講堂(東京・新宿区)で13時から。参加費無料だがEメールによる事前登録(tayousei2013@ffpri.affrc.go.jp)が必要。
 プログラムなど詳しくは森林総合研究所ホームページで。

最新の記事

ダイヤ工業株式会社:右上:SP

JA人事

ヤンマーSP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る