農政 ニュース詳細

2013.10.28 
食品ロス削減に向けて、国民運動展開 農水省一覧へ

 内閣府、農水省など関係6府省は10月25日、食品ロス削減国民運動(NO-FOODLOSS PROJECT)をスタートすることを発表。そのロゴマークなどを決めた。

 現在、国内では本来食べられるのに廃棄されている「食品ロス」が年間500〜800万トンある。
 世界の栄養不足人口が約9億人といわれるなか、世界共通語にもなった「もったいない(MOTTAINAI)」という言葉の発祥地である日本でも、官民あげて食品ロスの削減に取り組もうと、この運動をはじめることを決めた。
 具体的には、製造・流通段階でのパイロットプロジェクトやフードバンク支援、外食産業での食べきり運動や食べ残しを持ち帰るドギーバックの普及などをすすめ、国民1人ひとりの意識改革を促すというもの。
 ロゴマークに使われているキャラクターは、涙を流す皿の絵などで「もったいない」の感情を表現したものだ。現在、この運動を広く知ってもらおうと、このキャラクターの愛称を募集している。募集期間は11月24日まで。氏名(フリガナ)、電話番号、愛称、愛称の命名理由を明記の上、農水省食料産業局バイオマス循環資源課食品産業環境対策室食品リサイクル班(キャラクター愛称募集担当)まで、インターネットやFAX(03-6738-6552)で応募する。

 

nous1310271001.gif

(関連記事)

新規研究課題として88課題を実施 農水省(2013.10.16)

東京と大阪で「食品ロス削減シンポジウム」(2013.01.21)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ