人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
FMCセンターPC:ベネビア®OD
日本曹達 231012 SP

ドローンに安全などのガイドライン 第1回検討会 農林水産航空協会2015年8月25日

一覧へ

 (一社)農林水産航空協会は、8月24日、都道府県会館(東京都千代田区)でドローン等の小型無人機の安全対策について協議する「農薬散布等の農林水産分野における新たな回転翼無人空機の利用に関する検討会」を開いた。

第一回検討会の冒頭 検討会冒頭で、農林水産航空協会の齋藤武司会長は、ドローンが官邸に墜落したことをきっかけに国会議事堂など重要施設上空で飛行禁止に関して検討中であることについて触れた後で、農薬散布などでこれまで利用されてきたシングルローターを使った商業用無人ヘリコプターの安全かつ適正な利用を推進してきた歴史を語った。その後、検討会について「今回、複数回転翼小型無人機についての飛行特性と、どう安全に扱っていくのかを、各分野の方と協議したい」と決意を述べた。
 また、農林水産省の消費・安全局小風茂局長は、官邸で6月に行われた小型無人機に関する連絡会議に出席した際、(農薬散布等に関して)航空業界の今までの農林分野適正ガイドラインで使用している旨を説明したことを述べた。さらに、10キロ未満のドローンが農薬散布している実態について「どう取り組んでいくのか考えていく必要ができた」と述べ、「安全性や小型ドローンに対応した農薬散布を、今回いろいろな観点から意見をもらいガイドラインを決めるための意見としていきたい。適正な農薬使用やガイドラインを民間に促したい」と語った。

(写真)第一回検討会の冒頭

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る