左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「現場からみたTPP合意の問題と対応」研究会開催2016年1月20日

一覧へ

 農業協同組合研究会(梶井功会長)は2月27日、日本橋公会堂(東京都中央区)で第24回研究会「現場からみたTPP合意の問題と対応」を開く。

 この研究会はTPP大筋合意を受け、政府は関連政策大網を決め対応策を講じているが、現場の農業者は将来について不安を感じているとし、現場の視点に立ったTPP合意の問題点と課題について検討し対応を考えるために開かれる。

【開催概要】
◎日時:2月27日13時30分~17時30分
◎場所:日本橋公会堂 第4洋室(2F) 東京都中央区
◎参加費:会員は無料。会員外は資料代として500円。
◎内容(敬称略)
 「TPPの日本農業への影響と今後の見通し」 農林中金総合研究所取締役基礎研究部長 清水徹朗
 「TPP大筋合意と酪農問題」 北海道・浜中町農協代表理事組合長 石橋榮紀
 「TPP大筋合意における米への影響と対応」 宮城県・みどりの農協専務理事 阿部雅良
 「TPP合意と畜産問題ー世界史の流れの一環と捉えてー」 鹿児島県・農事組合法人小川共同農場会長 小川久志
◎申込:参加者は事前に申し込む(申込なしでも参加可能)。研究会後に懇親会(別途5000円)がある。

<問い合わせ・申込先>
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町3-1-15藤野ビル(農協協会内) 農業協同組合研究会事務局 電話:03-3639-1121 FAX:03-3639-1120 メール:nokyoken@jacom.or.jp

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る