農政 ニュース詳細

2016.10.18 
TPPバスの終着駅は日本文明の墓場-5年前、稲田現防衛大臣一覧へ

 自由党の山本太郎参議院議員は現在の安倍政権の閣僚が野党時代にTPPについてどのような発言をしていたかを「永田町恐怖新聞」(発行:山本太郎となかまたち)にまとめている。

複数)TPPの問題点をプラカードでアピール 自民党は野党時代の選挙ポスターで「うそつかない。TPP断固反対。ブレない」と各地で訴えていたことは14日から審議が始まったTPP特別委員会でも野党がその変節の無責任さをやり玉に挙げたが、山本太郎氏のこの新聞でこれを掲載している。
 そのうえで現在の閣僚たちの過去のTPPに対する野党時代の発言をまとめている。
 麻生太郎副総理は選挙広報で「農業や医療などの『聖域なき関税撤廃』には反対」と主張していた。
 稲田朋美防衛大臣は2011年11月7日の産経新聞で「TPPバスの終着駅は日本文明の墓場」と話した。また、同年4月13日の衆議院経済産業委員会では「このTPPは、アメリカのためにあるんです。(中略)日米関係ががたがたになった、ひびが入ったその見返りとして、埋め合わせとして国を売らないでほしい」と発言した。
 塩崎恭久厚労大臣は選挙公報で「さらなる自由貿易の推進を図るが、TPPの求める聖域なき関税撤廃には反対」と主張していた。
 山本有二農林水産大臣は2011年11月に高知新聞に対して「主権を売る行為に等しい。どの国の政治家なのか」と語った。
 そのほか、TPPによる医療の問題、食の安全の問題などを指摘している。
 

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ