農政 ニュース詳細

2016.11.07 
都心で農業体験 ジャパンハーヴェスト2016「丸の内農園」一覧へ

 農水省は11月5日と6日に東京都内で、食と農林漁業の祭典ジャパンハーヴェスト2016「丸の内農園」を開催。JA全中がJAまるしぇを出店した。

にぎわいをみせるJAまるしぇスペシャルステージ(左から2番目が矢倉政務官、3番目がベイカー茉秋氏)

 ファミリー層に国産農林水産物への理解を深めてもらうために開き、日本の食や農業体験などが学べる4つのエリアを展開。開催5年目を迎えた今回の来場者数は約15万人を見込んでいる。
 リオ・オリンピックで金メダルを獲得した柔道選手のベイカー茉秋選手が登場したスペシャルステージでは、農水省の矢倉克夫政務官が挨拶。それぞれのエリアで行われる体験ブースなどについて説明し、和食が世界から注目されていることを取り上げ「世界に向けて和食の素晴らしさを発信していきたい」と語った。ベイカー茉秋氏は農業を営む親戚のもとで手伝いをした思い出を語り「自然が好き。畑は自然がたくさんあって、タネから大きく成長する感動まで感じることができる」と農業に感じる良さについて話した。
 体験ブースでは牛の乳しぼりや子牛への哺乳体験ができるふれあい牧場が出現し、神奈川県から約1時間かけて10歳の雌牛と生後約1か月の子牛やってきた。牛が鳴き声をあげると、家族で訪れていた来場者らが歓声を上げた。
 さらに農業女子プロジェクトに参画している10企業も出店。コラボで誕生した商品や農業への取り組みを展示・販売した。
 JAまるしぇは千葉県のJAきみつの農産物や加工品23点を販売し、JAファーマーズマーケットの魅力をPRした。そうめん南瓜や葉生姜などスーパーでなかなか見かけない食材の調理方法や食べ方を尋ね、購入する人で賑わった。
 農水省食料産業局の担当者は、「都会で農業に触れたことのない人や食の背景を知らない人たちに、生産者たちとの会話などを通して農業を知っていただく機会になってほしい。また参加した生産者の方にとっては、イベント内で、ほかの地域の出展者と販売の方法などの情報交換の場にもなっている。学びの場になってほしい」と話した。

野菜の収穫体験農業女子PJと参画したNTTドコモはモバイル牛温恵(ぎゅうおんけい)などを展示紹介液体散布用マルチローター(ドローン)「スカイマスター」を展示した丸山製作所乳しぼり体験のための雌牛の大きさに驚き!

(写真)にぎわいをみせるJAまるしぇ、スペシャルステージ(左から2番目が矢倉政務官、3番目がベイカー茉秋氏)、野菜の収穫体験、農業女子PJと参画したNTTドコモはモバイル牛温恵(ぎゅうおんけい)などを展示紹介、液体散布用マルチローター(ドローン)「スカイマスター」を展示した丸山製作所、乳しぼり体験のための雌牛の大きさに驚き!

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ