農政 ニュース詳細

2016.11.09 
地産地消等優良活動 農水大臣賞にJAおうみ冨士一覧へ

 全国地産地消推進協議会と(一財)都市農産漁村交流活性化機構はこのほど、平成28年度地産地消等優良活動の表彰を行った。応募部門は地域振興部門、交流促進部門、消費拡大部門の3つ。JAおうみ冨士が農水大臣賞を受賞した。

左から、あいあいファーム、JAおうみ冨士、岩手県立中央病院、川辺学校給食センター、よかもんカフェ 地産地消は地域の生産者と消費者を結び付け、食糧自給率の向上を図るうえで重要であり、直売や加工などへの取り組みを通じて6次産業化による地域活性化にもつながるとして推進が求められている。全国の立地条件を活かした創意工夫のある地産地消、国産農林水産物・食品の消費拡大の取り組みや活動を表彰している。
 学校給食などでの地域の農林水産物の利用促進や直売所などの地域振興部門で農林水産大臣賞を受賞したのは、農業生産法人(株)あいあいファーム(沖縄県)、農林水産省食料産業局長賞にJA東京むさし小平支店(東京都)と農業生産法人(有)山国さきがけセンター(京都府)だった。
 地産地消と食育を結び付けた活動や消費者との交流など交流促進部門には、農林水産大臣省にJAおうみ冨士ファーマーズマーケットおうみんち(滋賀県)が受賞。農林水産省食料産業局長賞に山形県南陽市梨郷(りんごう)小学校子どものうぎょうせいさんほうじんのびのびファーム(山形県)と唐戸魚食塾(山口県)が受賞した。
 事業所での給食や食品製造などでの国産農林水産物や食品の利用促進、国内の生産者への支援活動などの消費拡大部門には、全国地産地消推進協議会会長賞にみやぎ生活協同組合(宮城県)、農林水産省食料産業強調將にさいたまヨーロッパ野菜研究会(埼玉県)が受賞した。
 交流促進部門で農林水産大臣賞を受賞したJAおうみ冨士は「大変名誉な賞をいただいてよろこんでいます。TPPもあり、今は重要な時期。これからも地域の生産者と消費者を結びつける活動を頑張っていきたいと思います」とコメントした。
(写真)左から、あいあいファーム、JAおうみ冨士、岩手県立中央病院、川辺学校給食センター、よかもんカフェ

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ