左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

戦略作物の作付計画面積2万6000ha増-28年度交付金申請状況2016年11月16日

一覧へ

 農林水産省は平成28年度の経営所得安定対策の加入申請状況をとりまとめた。飼料用米の作付け面積が増加するなど、戦略作物の作付計画面積が増加している。

 収入減少影響緩和交付金(ナラシ対策)の申請件数は約11万件で27年産にくらべて3000件減少している。ただ、申請面積の合計は99万haで27年産より1万1000ha増加した。申請者のうち集落営農は4080件。構成戸数は約12万2000戸となっている。
 畑作物の直接支払交付金(ゲタ対策)の申請件数は4万6000件で前年産とほぼ同数。ただし、作付計画面積は50万2000haで前年産にくらべて7000ha増加している。集落営農の申請件数は4036件で構成戸数は約12万6000戸となっている。
 水田での転作作物に対する交付金である水田活用の直接支払交付金は申請件数が2万3000件減少し49万9000件となっている。ただし、戦略作物の作付計画面積は2万6000ha増えて58万5000haとなっている。
 とくに飼料用米が7万9000haから9万1000haへと増えた(基幹作物と二毛作作物の合計)。
 水田活用の直接支払交付金での耕畜連携助成の取り組み計画面積は5万haで前年より6100ha増えた。取り組みの内訳は「飼料用米のわら利用」2万2000ha、「水田放牧」1300ha、「資源循環の取組」2万7000haとなっている。
 米の直接支払交付金(10aあたり7500円)の申請件数は79万7000件で前年より4万4000件減少。作付計画面積は103万6000haで同1万5000ha減少している。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る