左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

台風被害支援募金7400万円を被災県に JAグループ2016年12月21日

一覧へ

 JAグループは台風10号などの被災県を支援する募金活動を行っていたがこのほど全国から寄せられた募金は被災県に贈呈した。

 今年8月下旬に発生し、東北地方の太平洋側に上陸した台風10号は東北から北海道にかけて記録的な大雨をもたらした。とくに北海道と岩手県で農作物、農業関係施設、農地に大きな被害が発生した。
 このため地域の生活を守るJAグループとして被災地JAと組合員の復旧・復興支援のため、JAグループ役職員、組合員による支援募金活動に取り組んだ。
 実施期間は9月20日から11月25日まで。その結果、7400万円を超える募金が寄せられ、12月20日、JA全中が被災県への贈呈額を決め公表した。
 北海道は北海道農業団体気象災害対策本部に対して約5890万円、岩手県はJA岩手県五連気象災害対策本部に約1540万円を贈呈する。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る