Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

女性活躍の認定最上位取得 農研機構2017年2月2日

一覧へ

 農研機構は1月25日付で女性活躍推進法に基づく認定マーク「えるぼし」の認定段階3を取得した。認定として最上位で、2月13日に茨城労働局長から認定通知書の交付を受ける。

認定を受けた段階3の「えるぼし」。「L」にはLADY(女性)、LABOUR(働く、取り組む)、LEAD(手本)などの意味がある。 認定段階3は、女性の職業生活の活躍の状況実績について(1)採用、(2)継続就業、(3)労働時間などの働き方、(4)管理職比率、(5)多様なキャリアコースの5つの基準を満たしていることや厚生労働省のウェブサイトにその実績を毎年公表していることなどがある。
 農研機構は国立研究開発法人として、28年9月に取得した産業技術総合研究所に続き、全国で2件目の取得となった。
 女性活躍推進法は平成28年4月1日から、301人以上の労働者(パートなど1年以上継続雇用を含む)を雇用する事業主に、自社の女性の活躍状況の把握などを義務付けている。なお認定マークの「えるぼし」は認定を受けた企業の商品や広告、名刺、求人票などに使える。
(写真)認定を受けた段階3の「えるぼし」。「L」にはLADY(女性)、LABOUR(働く、取り組む)、LEAD(手本)などの意味がある。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る