農政 ニュース詳細

2017.02.02 
女性活躍の認定最上位取得 農研機構一覧へ

 農研機構は1月25日付で女性活躍推進法に基づく認定マーク「えるぼし」の認定段階3を取得した。認定として最上位で、2月13日に茨城労働局長から認定通知書の交付を受ける。

認定を受けた段階3の「えるぼし」。「L」にはLADY(女性)、LABOUR(働く、取り組む)、LEAD(手本)などの意味がある。 認定段階3は、女性の職業生活の活躍の状況実績について(1)採用、(2)継続就業、(3)労働時間などの働き方、(4)管理職比率、(5)多様なキャリアコースの5つの基準を満たしていることや厚生労働省のウェブサイトにその実績を毎年公表していることなどがある。
 農研機構は国立研究開発法人として、28年9月に取得した産業技術総合研究所に続き、全国で2件目の取得となった。
 女性活躍推進法は平成28年4月1日から、301人以上の労働者(パートなど1年以上継続雇用を含む)を雇用する事業主に、自社の女性の活躍状況の把握などを義務付けている。なお認定マークの「えるぼし」は認定を受けた企業の商品や広告、名刺、求人票などに使える。
(写真)認定を受けた段階3の「えるぼし」。「L」にはLADY(女性)、LABOUR(働く、取り組む)、LEAD(手本)などの意味がある。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ