左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

不満多い支払査定結果 共済相談所への相談・苦情2017年7月26日

一覧へ

(一社)日本共済協会は、平成28年度の共済相談所における相談・苦情・紛争解決支援の状況をまとめ、その内容を7月26日明らかにした。相談苦情件数は2602件で、前年度に比べ385件(17.4%)増えた。

 相談苦情の内訳は、相談件数が913件(前年度763件、対前年度比119.7%)、苦情件数は1689件(同1454件、116.2%)で、いずれも増えた。共済の種類別相談件数では生命系が276件で全体の30.2%を占める。次いで自動車共済227件(24.9%)、建物共済149件(16.3%)と続き、3共済で相談件数全体の71.4%を占める。
 一方、苦情件数は自動車共済が770件で、全体の45.6%を占め、生命共済613件(36.3%)、建物共済259件(15.3%)となっており、3共済で全体の97.2%を占める。合計件数では、自動車共済が997件で全体の38.3%を占めており、生命系共済が889件(34.2%)、建物共済408件(15.7%)で、3共済合わせて相談・苦情件数の88.2%になっている。
 主な相談内容は「共済金請求」が20.0%、「事務手続き(加入・保全・収納)」が18.0%、「会員以外の団体(苦情を含む)が16.9%、「仕組みの問い合わせ・保障見直し」15.6%だった。また苦情は「共済金関係」が全体の75.0%をしめ、苦情原因は「提示内容に不満」が全体の40.0%、「対応・態度」が22.9%と続く。
 苦情項目と苦情原因からみると、共済金関係の『支払査定結果・提示内容に不満』に関する苦情が最も多く、次いで『支払査定手続き/対応/態度』で、この2つで苦情全体の半分近くになっている。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る