Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

集落が生き残る方策探る『住み継がれる集落をつくる』2017年9月8日

一覧へ

 地方の人口減少が進むなかで、集落に誰が住み、だれが集落を継ぐのか。これをテーマにした『住み継がれる集落をつくる』=写真=が出版された。山梨県早川町等、全国各地の農村移住で集落維持・活性化に奮闘している事例をもとに、取り組むべき課題や解決すべき問題を挙げている。

書籍「住み継がれる集落をつくる」の表紙 出版を記念して9月6日、出版元の学芸出版社がセミナーを開いた。編著者の一人、山崎義人・東洋大学教授は、若者の農村回帰が増えている中で、かつての「住む」が「暮らす」に、「起業」が「継業」へと、農村に移住する人の意識が変わりつつあることを指摘した。
 報告者の一人で、山梨県の早川町にIターンし、同町の「日本上流文化圏研究所」で働く鞍打大輔氏は、(1)置かれた環境で楽しむ、(2)自主・自律の精神、自立した仕事の確立、(3)地域内に信頼の輪をつくることを、集落を継ぐポイントとして挙げた。同町では山村留学で、6人になると予想された小学校の児童が、移住者の増加で18人にまでなったという。
 書籍はこうした全国16農山漁村の試み、特に空家の利用や生業の継承、支援策の組み直しなどをレポート。タイトルが「住み継ぐ」でなく「住み継がれる」と、受動的な表現になっているように、継がれるべき集落を主体に移住者の関わり方を探るという問題意識がある。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る