農政 ニュース詳細

2017.10.18 
い草の作付10%減少 農水省一覧へ

 農水省は、平成29年産「い」(い草)の作付面積、収穫量、畳表生産量(主産県)をまとめた。

 主産県である福岡県、熊本県の作付面積は578haで、前年に比べ10%・65ha減少した。これは、他作物への転換などがあったためだとしている。
 10a当たり収量は1480kgで、前年を14%上回っている。これは、生育期間の天候がおおむね順調だったことと、一部で多収品種への移行があったことによる。
 収穫量は8530tで、前年より190t(2%)増加した。作付面積は減少したが10a当たり収量が増加したことによる。
 畳表生産量(28年7月から29年6月まで)は、265万枚で前年より11万枚(4%)増加した。なお、国内で流通している畳表の約8割(28年)は輸入となっている。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ