左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農家の不安解消を 自民党TPP・日EU等経済協定対策本部が会合2017年11月2日

一覧へ

 自民党は11月2日、党本部でTPP・日EU等経済協定対策本部を開き、ベトナム・ダナンにおけるTPP閣僚会合の報告、「総合的なTPP関連政策大綱」の改訂などについて協議した。総選挙後の初めての会合であり、出席議員からは「農政新時代」で示した公約の確実な実行を求める声があった。

 森山裕TPP・日EU等経済協定対策本部幹事長が「21世紀の新しい(貿易の)形が成就するかどうかにかかっている。補正予算はTPP関連政策大綱に基づいて組んで欲しい。現場の人たちの信頼がかかっている」とあいさつした。
 また茂木敏充経済再生担当大臣は来週8~10日のダナンにおけるTPP閣僚会議・首脳会合を大筋合意の最後のツメにしたい。緊張感をもって臨み、いい結果を出したい」と述べた。
 会合ではダナンの閣僚会合の報告、総合的なTPP関連政策大綱の改定の他、日EU・EPAにおける品目ごとの農林水産物への影響についての説明があった。このなかで農水省大臣官房の天羽隆総括審議官は、品目ごとに影響を説明し、国内農産物への影響は、ほとんどが限定的としながらも、影響が懸念されるものとして牛肉、乳製品、豚肉、チーズなどを挙げた。
 一方で、EUへの輸出はほぼ100%関税が撤廃されたとして、輸出拡大への道が開けたことを強調した。出席した議員からも、輸出拡大の支援を求める声が相次いだ。なお、意見交換では、総選挙で示した「若者や意欲のある農林漁業者が夢や希望を持てる『農政新時代』を切り拓く」という公約を、「関連政策大綱」に基づいて確実に実行し、「農家が不安を抱かないようにして欲しい」などの意見が出た。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る