左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

米テキサス州からの生きた家きん輸入停止 低病原性鳥インフル2018年3月13日

一覧へ

 農林水産省は3月10日、米国テキサス州からの生きた家きん、家きん肉などの輸入停止措置を講じた。

 これは同州の肉用種鶏農場で低病原性鳥インフルエンザ(H7亜型)の発生を確認したと、同日深夜、米政府からわが国へ通報があったため。それを受けて、同病のわが国への侵入防止に万全を期するため、同州からの生きた家きん、家きん肉などの輸入を停止した。生きた家きんの輸入停止はテキサス州全域。
家きん肉などは、同州発生場所から半径10km以内の地域となっている。
 米国からの輸入実績は2017年現在、生きた家きんのひなで12万1527羽、
家きん肉などは2万2788t、家きんの卵は1万1467tとなっている。
 なお、同省によれば、今回の輸入停止措置は、生きた家きんがウイルスに感染することを防止するためであり、食品衛生のためではないとしている。

(関連記事)
仏からの生きた家きんの輸入停止 低病原性鳥インフルで(18.03.13)
米国ジョージア州 鳥インフルで家きん肉等輸入停止(17.03.28)
仏サルト県からの生きた家きんなど輸入停止(18.03.07)
米ミズーリ州からの生きた家きんなど輸入停止(18.03.07)
仏からの生きた家きんの輸入停止(18.02.23)
スペインの家きん肉等輸入停止 鳥インフルで(17.02.28)
高病原性鳥インフル対策で検討会(18.02.08)

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る