Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

山形・新潟 地震被害に支援対策 農林水産省2019年7月11日

一覧へ

 同省は7月9日、今般の山形県沖を震源とする地震により、山形県および新潟県の農林水産業に被害が生じたことから、被災した農林業者が営農意欲を失わず一日も早く経営再建できるよう対策を決定した。

 対策の内容は以下のとおり。

(1)災害復旧事業等の促進
 ▽農林漁業関係施設の被害に対して、査定前着工制度の関係地方公共団体等への周知、農林水産省職員の現地への派遣による技術的支援等を通じて、被災復旧事業等により早期復旧を支援。

(2)漁港施設・共同利用施設等の早期復旧等の支援
 ▽被災地域において、漁港施設等の復旧を進めるとともに、岸壁等の耐震化や高潮・高波対策に対して支援。
 ▽被災した共同利用施設の再建・修繕や、再建の前提となる損壊した施設の撤去等に要する経費を助成。

(3)共済金の早期支払や営農再開支援
 ▽農業共済、漁業共済・漁船保険について、損害評価を迅速に行い、共済金・保険金の早期支払いを実施。
 ▽被災により水田活用の直接支払交付金(戦略作物助成、産地交付金)および畑作物の直接支払交付金(ゲタの面積払)の対象作物について本年産の栽培の継続を断念せざるを得ない場合にあっても、それぞれ交付金の対象になることを周知。
 ▽専門家が被災農業者を個別に訪問して、農業経営の再建に向けた相談活動を実施。

(4)災害関連資金の措置
 ▽被災農林漁業者等が意欲を持って経営を再建できるように、長期・低利の農林漁業セーフティネット資金等により支援。

(5)農地・農業用施設の早期復旧等の支援
 ▽損壊等の被害を受けた農地周りの小規模な水路等の地域共同による復旧活動を支援。
 ▽被災地域において、農業水利施設等の復旧を進めるとともに、水管理・維持管理の省力化や長寿命化対策、防災減災対策等の取り組みに対して支援。
 ▽被災地域において、農地等の復旧を進めるとともに、大区画化、畑地化などの耕作条件の改善や、高収益作物への転換等を図る取り組みに対して支援。
 ▽被災した鳥獣被害防止施設の復旧・再整備を支援。

(6)山林の早期復旧等の支援
 ▽治山事業や森林整備事業により、被災した山林の早期復旧や、山地災害発生の危険性が高い地区等における治山施設の設置等の実施を支援。

 詳細は、農林水産省ホームページで入手できる。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る