左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農業系YouTuberが発信する「農Tube 高崎」が配信スタート2019年7月26日

一覧へ

  絶やしてはならない「絶メシ」を紹介するグルメサイトで注目を集めた群馬県高崎市が、プロモーションとして、同市の農業の魅力を伝える動画「農Tube高崎」の配信を始めた。農業系YouTuberによる農業体験や地元農業にまつわる話を通して若い世代が同市の農業をアピールする。

農Tuberはじめますヤンマートラクター初土耕!

7月24日公開に公開された第1話「今日から農Tuberはじめます!」から

 

 「農Tube高崎」は、農業の素人である2人が農業に挑戦し、その魅力を伝える農業系YouTubeチャンネル。高崎市で生産する農作物にスポットを当て、"農Tuber"に起用された手島実優さんと富井大遥さんが、じかに地元農家の話を聞いてプロならではの技術や、知られざる裏話などを盛り込みながら農業にまつわるさまざまな情報を発信していく。

 高崎市の富岡賢治市長は、「農業における労働人口減少など日本の農業課題解決のきっかけとして農業に興味を持ってもらうかを考えた。今回のプロモーション事業が、農業に対する新たな取り組みとして、高崎市の農業就労者の活性化になれば嬉しい限りです」とコメントしている。
 同市は、地元の昔ながらの飲食店を応援するサイト「絶メシリスト」が、国内最大級の広告賞「ACC TOKYO CREATIVE AWARDS 2018」(マーケティング・エフェクティブネス部門)で最高賞を受賞。海外での評価も高く、今年6月のカンヌ広告祭では銅賞を受賞した。今回のプロモーションは2018年の「#インスタグンマー高崎」に続く第3弾となる。

農Tube 高崎-毎旬配信!採れたてリアル農業ライフー(YouTube)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る