想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

病害虫のツマジロクサヨトウ 茨城、高知でも発見2019年8月21日

一覧へ

 イネやトウモロコシに寄生する病害虫のガ、ツマジロクサヨトウのまん延が心配されるなか8月20日、茨城県と高知県でもツマジロクサヨトウの幼虫が確認された。7月に国内では初めて鹿児島県で確認されてから、九州以外で確認されるのは初めて。今後、さらに発生が広がる可能性もあり、農林水産省と各県などは、早期発見と農薬散布による防除などを呼び掛けている。

ツマジロクサヨトウnous1908211102.jpg


茨城県で確認したツマジロクサヨトウの幼虫。特徴あるY字模様のある頭部と尾部

◆本州では初めて

 茨城県でツマジロクサヨトウの発生が見つかったのは本州では初めて。農水省の指示を受け、7月から毎週、飼料用トウモロコシの5ほ場で調査を行っていたところ、8月14日に水戸市のほ場でツマジロクサヨトウに似た幼虫を見つけた。数株の新芽に食害を受けた跡と糞があり、近くに幼虫がいた。
 茨木県病害虫防除所の担当者は、「見極めは難しいが、食害が他の害虫よりやや激しく、発見したほ場では30~40cmの若いトウモロコシがやられた。刈り取り前など丈が目線より高くなったものは見つけにくいが、たまたま低いものがあったので見つけられた」と話す。
 茨城県では、農薬を使った早期防除を行い、収穫期に近いトウモロコシは早めに刈り取りサイレージを実施することを呼びかけている。また、同県は酪農が盛んで資料用トウモロコシの栽培やスイートコーンの産地でもあることからこの事態を重くみており、23日に市町村と農協を対象に対策会議を行う。

ツマジロクサヨトウツマジロクサヨトウ

食害の初期(左)と被害の状況が進展した飼料用とうもろこし

 一方、高知県では8月9日、高知県の西の端に位置する大月町のスイートコーンのほ場で頭部に特徴的なY字模様のある幼虫を発見。神戸植物防疫所が確認し、ツマジロクサヨトウと判明した。同県では、発生した農場に薬剤防除を実施。スイートコーンは主力品目ではなく収穫期も終わるため当面のまん延は防いだとみている。
(写真はいずれも茨城県病害虫防除所提供)

(関連記事)
病害虫のガ「ツマジロクサヨトウ」蔓延防止で全国対策 農林水産省(19.07.19)
病害虫「ツマジロクサヨトウ」九州6県で発生を確認 農林水産省(19.07.18)

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る