Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

千葉・茨城で218億円-台風15号被害2019年9月18日

一覧へ

 農林水産省によると台風15号による農林水産業への被害額は茨城県と千葉県を中心に9月17日現在で218億円におよんでいる。引き続き被害状況を把握している。

台風被害の説明

緊急自然災害対策本部会合で「非常に深刻な場面をたくさん目にした」と話す江藤農相

 農作物等の被害は1万haで52億円、農業用ハウスなどで141億円で農業被害は約200億円。林野・水産を合わせて218億円となっている。
 農林水産省は17日に「令和元年台風15号に関する農林水産省緊急自然災害対策本部」会合を開いた。
 江藤農相は9月14日に現地で視察した被害状況をふまえて「非常に深刻な場面をたくさん目にした」と話し、強風に強い農業用ハウスの再建や、被災者への共済金の速やかな支払い、収入保険の周知、被害果樹の改植への対応など課題を挙げた。
 会見で農相は被害についてはまだ積み上がるとし、農水省としては被災地のニーズに沿った食料支援の実施と、経営再開の向けた支援策を早急に検討していきたいと話した。


(関連記事)
台風15号緊急支援募金開始 コープデリ連合会(19.09.18)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る