左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

パーム油でコロンビアの生産会社と産直提携 パルシステム2019年10月29日

一覧へ

 パルシステム連合会は、10月28日、同連合会の東新宿本部で、コロンビアのテケンダマ社とパーム油を対象に産直提携の調印式を行った。
 パーム油はショートニング原料となり、オリジナル商品のパンの材料などに使用される。
 

産直提携の調印を終えて握手するターボン・オーガニック・ジャパン(株)のデイビッド・リンコン代表取締役(左)とパルシステム連合会の辻正一常務執行役員標品開発本部長

産直提携の調印を終えて握手するターボン・オーガニック・ジャパン(株)のデイビッド・リンコン代表取締役(左)とパルシステム連合会の辻正一常務執行役員商品開発本部長

 パーム油は、20世紀後期から原料のアブラヤシを栽培する農園の大規模な開発が進んだ。このため、主産地であるインドネシアやマレーシアでは、森林伐採による深刻な生態系の破壊や、農園で働く労働者の権利侵害などが問題となっている。
 パルシステムでは、持続可能性に配慮して生産されたパーム油への切り替えの検討を進めていたところ、すでにグループ会社の(株)パルブレッドが製造するオリジナル商品のパンでテケンダマ社のパーム油を原料としたショートニングへ切り替えを始めていた。
 テケンダマ社はパルシステムの「エコ・産直バナナ」産地の一つである「サマリア社(コロンビア)」のグループ会社で、新たな森林を切り崩すことなく農地を再利用しながらパーム農園開発を進めている。「森林破壊ゼロ、泥炭地開発ゼロ、森林火災ゼロ、人権侵害ゼロ」をスローガンに掲げ、土づくりから栽培管理、抽出、精製まで一貫生産し、自然の循環を活かした農法を実践している。
 10月28日15時から行った産直提携調印式には、テケンダマ社のグループ日本法人であるターボン・オーガニック・ジャパン(株)のデイビッド・リンコン代表取締役らと、パルシステム連合会から辻正一常務執行役員商品開発本部長らが出席した。
 リンコン代表取締役は、パルシステムの産直4原則に沿った取り組みをしており、「パルシステムのフィロソフィーをリスペクトしている」などと語った。
 パルシステムでは、産直提携で輸入するパーム油を、2020年4月発売予定の焼きドーナツで使うとともに、さらに他の商品にも広げていくことにしている。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る