左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

国内49例目を山梨で確認-CSF(豚コレラ)2019年11月18日

一覧へ

 山梨県は11月16日、県内で1例目となるCSF(豚コレラ)の患畜が確認されたと発表した。

 韮崎市の農場で871頭を飼養していた。野生イノシシで陽性が確認された地点から10km以内にあり監視対象となっていた。14日に飼養豚の異常が報告され16日にCSFの患畜であることが確認された。

 農水省は11月12日、豚コレラとアフリカ豚コレラの名称を変更した。科学的にはウイルスで発症する豚コレラは細菌で発症するヒトのコレラとは無関係でヒトに感染はしない。
 国際獣疫事務局(OIE)も正式名称としてClassical swine fever(CSF)、African swine fever(ASF)を用いていることから、わが国もこの名称を使用することを決めた。


(関連記事)
豚コレラ 埼玉で4例目確認-国内47例目(19.10.30)
静岡で野生イノシシ感染新たに2頭確認(19.10.30)
【クローズアップ・豚コレラ問題・2】豚コレラ抑え込めるか ベルト地帯の構築必要(19.10.28)
【クローズアップ・豚コレラ問題】養豚の危機 食料安保を直撃 谷口信和・東大名誉教授(19.09.26)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

解説・提言

topへ戻る