農政 ニュース詳細

2019.11.21 
有機食品をほとんど毎日食べる人は5.9% 農水省統計一覧へ

 農林水産省は、11月19日、「有機食品等の消費状況に関する意向調査」の結果を公表した。
 この調査は、「令和元年度食料・農林水産業・農山漁村に関する意向調査」として同省が実施したもの。過去1年間に有機食品(オーガニック食品)を飲食した全国の20歳以上の人を対象として、今年の8月下旬から9月上旬にかけて、民間事業者が登録モニターを対象に、Web調査により実施した。有機食品などのニーズなどに対する意識・意向などに関して、1099人から回答を得た。

 この調査での「オーガニック食品」とは、商品名に「オーガニック」や「有機」と称する農畜水産物や加工品であり、有機JASマークや海外のオーガニック認証(ユーロリーフ、USDAオーガニックなど)マークが添付されているものを示している。

 調査結果の概要は次のとおり。

◆オーガニック食品の飲食頻度

【オーガニック食品の飲食頻度】オーガニック食品の飲食頻度

 日頃、オーガニック食品を飲食している頻度は、「月に1回未満」と回答した割合が34.0%と最も高く、次いで「月に2〜3回程度」(18.4%)、「週に1回程度」(16.7%)の順だった。
 これを年齢階層別に見ると、すべての年齢階層で「月に1回未満」と回答した割合が最も高くなっている。なお、比較的高頻度で飲食する者(「ほとんど毎日」と「週に2〜3回程度」の合計)の割合を見ると、▽全体18.0%▽20〜29歳11.4%▽30〜39歳16.4%▽40〜49歳19.8%▽50〜59歳14.5▽60歳以上21.0%となっている。「40〜49歳」と「60歳以上」が2割前後となっている。

【年齢階層別のオーガニック食品の飲食頻度】年齢別オーガニック食品摂取頻度


◆オーガニック食品を初めて飲食したきっかけ

 オーガニック食品を初めて飲食したきっかけは、「自分や家族が病気にならないため」と回答した割合が22.6%と最も高い。「広告やメニュー等を見て興味をもったため」が20.3%、「家族が購入したため」が15.7%となっている。
 このうち「自分や家族が病気にならないため」と回答した人について、「オーガニック食品の飲食頻度別」を見ると、▽ほとんど毎日41.5%▽週に2〜3回程度33.8%▽週に1回程度26.2%▽月に2〜3回程度29.7%▽月に1回程度20.4%▽月に1回未満10.4%、となっており、他の理由を選択した人に比べ極めてに高い頻度で飲食している人の割合が高い。

【オーガニック食品を初めて飲食したきっかけ】

オーガニック食品を初めて飲食したきっかけ

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ