左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

国産牛の購入促進で「お肉券」-コロナ対策で自民農林部会2020年3月26日

一覧へ

 自民党の農林・食料戦略調査会と農林部会の合同会議は3月26日、新型コロナウイルス感染症に関する経済対策に盛り込む農林関係の重点事項を了承した。自民党は27日の政務調査会会合で経済対策をまとめる。

需要減退が畜産経営を直撃需要減退が畜産経営を直撃


 重点事項のうち、技能実習生の生産現場への受け入れ見通しが立たないことへの対策として、▽手続の簡素化をはじめとする入国できる技能実習生の円滑な受け入れの推進、▽農業高校・農業大学校など学生による援農や派遣事業者(JA等)による人材派遣・研修などへの支援、▽農業高校・農業大学校などへの農機の導入支援、▽スマート農業の実証・実装の加速化を通じた人手不足の解消の促進などの対策を行う。

 農業者、食品関係事業者などの経営継続のため、必要な借入金などの返済猶予、税の減免措置、納税猶予を強力に推進する。 需要喚起対策として、「お肉券」などで小中学生・高齢者などの消費者による国産牛購入促進のための取り組みや、食肉事業者、乳業者、外食・給食事業者が行う販促活動なども強力に推進する。果実や花きなども需要喚起に向け公共施設を活用したPR、観光業と連携した国産農産物の利用促進と、それに対応した次期作に必要な種子、種苗、生産資材の確保と新品種・新技術の導入促進も図る。

 需要喚起策としては飲食店などの客足回復を図るためのクーポン券なども推進する。

 そのほか▽畜産物の物流の停滞の解消対策、▽牛マルキン(注)の負担金免除など畜産・酪農経営の安定に向けた万全の対応、▽中国からの玉ねぎなど加工・業務用野菜の輸入減少にともなう加工・業務用野菜の国産化・輸出力強化、▽外食、食品製造業等の食品事業者への対応、▽農林水産物・食品の輸出に取り組む生産者・事業者への緊急支援などを重点事項とした。 会合で野村哲郎農林部会長は国産牛肉について「在庫が4か月分から5か月分となっている。冷蔵庫に入らない状況も懸念される。早めに流通させないと畜産農家に影響する」などと現場の実態を説明し、国産農畜産物の需要喚起対策の必要性を訴えた。

 

(注)
牛マルキン:肉用牛肥育経営安定交付金。標準的販売価格が標準的生産費を下回った場合、その差額の9割を交付金で補てんする。交付金のうち4分の1相当額は生産者に積み立てによる積み立て金から支出する。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ヤンマーPC右上
クミアイ化学右正方形1PC
住友化学住友化学右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る