左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

輸出規制実施 15か国に-農水省2020年5月11日

一覧へ

農林水産省は新型コロナウイルス感染が世界的に拡大しているなか、穀物などの貿易状況についてとりまとめた。

nous2005111601.gif

※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます

新型コロナウイルス感染の拡大にともなって一部の国では農産物・食品の輸出規制を行っている。4月20日時点では13か国が輸出規制を実施していたが、農林水産省によると5月1日現在で15か国が実施している。
ロシアは6月30日まで小麦、ライ麦、トウモロコシなどに輸出枠を設定している。ウクライナも小麦に輸出枠を設定しているほか、ソバの実は7月1日まで輸出禁止としている。
アフリカではエジプト、アルジェリア、北マケドニア、アジアではカンボジア、タイ、南米ではエルサルバドル、ホンジュラスが輸出禁止措置を実施している。エルサルバドル、ホンジュラスは乾燥豆、アルジェリアは食料品の輸出禁止をしているが2019年でこれらの国からの輸入実績はない。 なお、ベトナムは米に輸出枠を設定していたが、4月30日に撤廃した。
 そのほか、ミャンマー、パキスタン、南アフリカ、スーダン、シリア、タジキスタンで輸出規制を実施しているとの情報があることから農水省が確認している。
また、インドは輸出規制を実施していないが、ロックダウンにより輸出が停滞している。
G20の農相は4月21日に臨時会合を開き農産物の生産と流通の流れを遮断しないよう各国が協調して対応することや、不必要な輸出入規制は行わないことなどを盛り込んだ声明を採択している。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る