Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

審議すれば国民に疑念説明できる-種苗法改正案で江藤農相2020年5月22日

一覧へ

江藤拓農相は5月22日の会見で種苗法改正案の今国会での審議入りを見送る方向に与党がなっていることについて「自分としては見送りが決定したとは受け止めていない」、「審議を通じて農家にも国民にも法案の必要性、疑念に思っている点に十分に説明ができると思っている」と話し今国会での審議、成立を求めた。

nous20052225_2.jpg江藤拓 農相

国会審議はあくまで国会の議院運営委員会などが決めることとしながら「権利というものはいつ侵害されるか分からない」と強調し、今国会で政府が提出している登録品種の海外流出防止を目的とした種苗法改正案が成立すれば、12月には品種保護の国際的な条約であるUPOV(ユポフ)条約の加盟76か国に対して通知して規制をかけることによって海外流出防止ができると指摘した。江藤農相は「秋以降はいちばん種苗、苗木が動く季節。それまでに法案を成立させたいという気持ちに今でも変わりがない」と述べたほか、コロナ対策が一義的だとしながらも「これがあるから種苗法の議論ができないのかといえば必ずしもそうではない。不要でもないし、急ぐ理由がないということでもない。まだ審議に入れる可能性はあると思っている」と話した。

一方、種苗法改正案については芸能人からも農家が苦境に陥るなど懸念の声がツイッターに上がったことについて「誤解もあると思うが、農家の経営に関心を持っていただけることは有り難い面もある」と話した。また、「農は国の基、という思いが国民に広く共有されているとはなかなか思えない。(食料は)あって当たり前、輸入も普通にできるし農家はまじめに現場で生産活動するし食に困ることはないのだという感覚になっているがぜひ関心を持ってほしい」と述べるとともに、改正の狙いについて「日本としての強みを守ることが必要だ。種苗が海外に流出することは日本が得られるべき利益(が流出すること)、それが農家の所得になっていたらどれほどのことになったかということに思いを馳せてもらいたい」、「国益を守る。農家の得られるべき利益を守るという効果を現場で発揮することを強く希望している」と強調した。

江藤農相は19日の会見で自家増殖については一般品種について何の制限もなく改正後も変わらないことや一般品種が米では84%、みかんでは98%を占めることなどを指摘した。また、登録品種の許諾料についてもイネで10aあたり種苗代が1600円、そのうち許諾料金が2円56銭であることや、品種登録をしている農研機構など公的機関が「法律が改正されたからといって料金を上げることはまずありえない」とも述べ「権利を守ることについては一刻の猶予もならない」と強調した。(写真は昨年9月の大臣就任時)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る