左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

女性農業委員 前年比0.3ポイント増2020年6月3日

一覧へ

農林水産省は令和元年度の農業委員への女性参画の状況について5月29日に公表した。

女性農業委員

平成28年4月に施行された改正農業委員会法では農業委員に任命は、年齢、性別などに著しい偏りが生じないよう配慮する規定が導入され、30年10月までに全農業委員会が改正法に基づく新体制への移行を完了した。

今回は新体制への移行完了から1年後の農業委員への女性の参画状況についてとりまとめを行った。全国の女性農業委員数は2788人で全農業委員(2万3125人)に占める割合は12.1%となった。前年度から0.3ポイント増加した。

都道府県別にみると農業委員に占める女性の割合が高いのは栃木県(19.6%)、岩手県(18.6%)、山口県(17.2%)、愛知県(16.5%)など。一方、低いのは福島県(7.2%)、北海道(7.5%)、香川県(8.0%)、和歌山県(8.4%)などとなっている。

全国の1703農業委員会のうち女性農業委員が任命されている農業委員会数は1430で84.0%だった。前年度にくらべ0.8ポイント増加した。

第4次男女共同参画基本計画(平成27年12月閣議決定)では農業委員に占める女性の割合を30%にする目標が掲げられている。今回の調査で目標に達している農業委員会数は60で全体の3.5%となった。

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

解説・提言

topへ戻る