想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

気候変動アクション環境大臣賞の募集開始ー環境省2020年6月3日

一覧へ

環境省は、平成10年から実施してきた地球温暖化防止活動環境大臣賞を気候変動アクション環境大臣賞にリニューアルし、選考に向けた募集を開始した。

nous2006031301.jpg

(画像)気候変動アクション大賞受賞標章

表彰対象は、開発・製品化、先進導入・積極実践、普及・促進の3部門。農林水産業も対象とし、それぞれ緩和、適応の2分野に分けて表彰する。

開発・製品化部門は省エネ技術・製品を対象に、緩和分野は内外の温室効果ガス排出低減に貢献するもの、適応分野は気候変動による被害を回避・低減できるものとする。
先進導入・積極実践普及部門は、内外の温室効果ガス排出低減技術・製品や企業の大規模および先進導入、ライフスタイルや地域の積極的実践を緩和分野として選定。気候変動による被害を回避・低減したり、強靭かつ持続可能性を高める先進事例は適応分野として表彰する。
普及・促進部門は、緩和・適応2分野ともに温暖化防止に資する提案・促進、節電事例、植林などの気候変動防止事例、水資源や自然生態系における気候変動適応活動などを対象にする。

応募は、公式ホームページから申請書をダウンロードし、必要事項を記入して郵送および電子メールで送付(両方ともに必要)。応募締め切りは7月31日(必着)。授賞式は11月28日を予定。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る