Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

都内初の障がい者向け貸し農園「わーくはぴねす農園 Plus」開設2020年7月6日

一覧へ

障がい者の就労を目的とした企業向け貸し農園ソーシャルファーム「わーくはぴねす農園」を全国で展開するエスプールプラス(東京都千代田区)は、東京都板橋区と連携協定を結び、都内初の障がい者のための「わーくはぴねす農園 Plus」 を8月に開設する。

板橋区の坂本健区長(左)とエスプールプラスの和田一紀社長板橋区の坂本健区長(左)とエスプールプラスの和田一紀社長

全国21施設で展開する「わーくはぴねす農園」は、約1600人の障がい者が、農園を利用する280社の企業に就職し、ほうれん草やトマトなど様々な野菜作りに取り組んでいる。

一方、SDGs(持続可能な開発目標)を見据え、持続可能な区政経営をめざす板橋区は、「SDGs先進度調査」で全国8位(東京都で1位)。中でも障がい者支援の分野では、区内で農園を展開し、協力関係を構築することで、貧困対策、職業訓練の機会、平等、安心・安全な労働環境促進など、障がい者支援の分野におけるさらなる取り組みを行うことが可能となる。

今回の協定により、板橋区と同社は、8月に開設予定の「わーくはぴねす農園Plus板橋」を通じて、区内の障がい者雇用の促進を積極的に図る。また、官民一体となった市民社会とのパートナーシップ構築をめざす。

なお、このほど板橋区に開設する農園は、従来のビニールハウス型の仕様ではなく、台風などの自然災害を受けにくい初の屋内型の農園。これまで、都心から遠方への通勤が困難だったり、体温調節が苦手など、屋外作業に適していない障がい者にも就労機会を創出することが可能となる。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る