Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:プリンスベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

小水力発電所の運転を開始 富山市の常西用水土地改良区2020年7月9日

一覧へ

富山市の常西用水土地改良区は、7月6日から「常西幹線発電所」の運転を開始したと発表した。

発電所外観発電所外観

同発電所は常西合口用水路を活用した小水力発電所で、平成27年4月に着工し今般完成したもの。6日には常西用水土地改良区の中川忠昭理事長、富山県の石井隆一知事、富山市の森雅志市長などによるテープカットが行われた。

常西合口用水路を流れる水の高低差を利用しており、地域用水環境整備事業により総事業費14億4400万円をかけ、発電所と水圧管路を建設した。

年間可能発電電力量は259万kWhで一般家庭860世帯分の消費量に相当。二酸化炭素排出抑制効果もあり、排出削減量は年間1427tで森林面積192ha分に相当する。

発電電力は全量を売電。収益は土地改良施設の維持管理費に充当して、農家の負担軽減を図る。

富山県中央部を流れる成願寺川沿岸は、豊富な水量と急こう配を利用した水力発電が盛んに行われている。


発電設備発電設備

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る