Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:シグナム
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

食の国産品志向は74% 30年7月調査以降ほぼ横ばい 日本公庫の消費者動向調査2020年8月7日

一覧へ

食料品を購入する際、「国産品かどうかを気にかける」人の割合は74.0%となり、平成30年7月の調査結果からほぼ同様の傾向が続いている。輸入品より割高でも国産品を選ぶとの回答も横ばいだが、増加傾向だった国産品にこだわらない人の割合は1.1ポイントの微減となっている。

全国の20~70歳代の男女2000人(各々1000人)にインターネットを通じて実施した調査で、時期は7月1日。

「食」についての志向は健康、経済性、簡便化の3つが上位を占め、傾向的には従来通り。それらのうち経済性(37.7%)のみ前回を上回ったのが特徴としているが、3大志向以外にも、安全志向(21.0%)や手作り志向(21.3%)、美食志向(10.9%)も順に1.7ポイント、0.2ポイント、0.7ポイントのとわずかに増えている。

食料品の購入時に「国産か否か」を気にかける人の割合は74.0%で、8割を上回った平成30年1月の調査から73.4%と7割台に落ち込んだ同年7月の調査以降、同様の傾向を今回も維持した。
年齢が高まるほど国産品にこだわる傾向も変わらず、20歳代(58.7%)と70歳代(85.6%)とでは26.9ポイントもの開きがある。

国産食品は値段が高い半面安全、輸入食品は安い反面安全ではないとする大まかなイメージは今回も変わらないが、減少傾向を続けていた国産食品が高いとみる割合が前回調査より4.4ポイント増えた。国産品に割高感を抱く人がやや増えていることが分かる。

一方、輸入食品の安全面に問題があるとみる人の割合も今回調査で増加に転じ、前回調査(33.0%)から2.3ポイント増の35.3%となっている。
国産品に割高感を抱きつつ、輸入食品の安全面にも不安を抱える人がやや増えているもようだ。

割高でも国産品を選ぶ人は約6割(59.0%)で前回と同じだが、増加傾向だった「国産品へのこだわりはない」とする人の割合は、前回(16.7%)より2.1ポイント減の15.6%となった。

割高でも国産品を選ぶとした割合の中で最も多かったのは「3割超でも」とする回答で、「1割高まで」16.4%、「同等価格なら」15.4%、「3割高まで」9.3%などが続いている。

今回の調査では新型コロナウイルスの影響に関しても聞いている。感染症の拡大を受け、25.8%(男性21.5%、女性30.1%)が食品の購入方法に変化が生じたと回答。利用が増えた購入方法を多い順に並べると、インターネット(38.0%)、量販店・スーパー(29.1%)、テイクアウト(27.3%)、ドラッグストア(17.8%)などとなっている。

インターネット購入の利用は各年代とも女性より男性の方が多く、とりわけ30歳代(51.4%)、60歳代(53.7%)、70歳代(45.5%)で高い傾向にある。インターネットやテイクアウトを利用した人に印象を訪ねると、「悪くない」との声がいずれも6~7割を占めた。

コロナの影響で増えた自宅での調理時間や回数について尋ねると、全体で32.9%、とくに女性の42.4%が時間、回数ともに増えたと回答。40歳代の女性は53.9%と半数以上が増えたとしている。

調理の時間や回数が増えたとした人に配慮したことなどについて聞くと、健康(77.0%)と食費の節約(71.8%)がいずれも7割を超えた。健康と回答した女性の44.3%が「保存食品の購入」、33.3%が「新メニューも料理」といった具体的行動を起こしていて、保存食品の購入は30~50歳代で、「新メニューも料理」は70歳代で目立った。

食費の節約と回答した人の場合、20歳代の女性は「大容量でまとめ買い」が最多、30~70歳代では「保存食品の購入」が最も多かった。

【日本政策金融公庫】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る