想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「地球の森守りプロジェクト」を始動 アキュラホームがSDGsの観点で2020年9月3日

一覧へ

注文住宅を手がける(株)アキュラホーム(東京都新宿区、宮沢俊哉社長)は、9月1日から「地球の森守りプロジェクト」を始動した。SDGsを推進する観点に立つもので、世界的な匠とともに環境・減災意識を広めていく考え。

アキュラホームが作った「木のストロー」アキュラホームが作った「木のストロー」

アキュラホームグループと同社が設立した日本一のビルダー集団を目指すスマートアライアンスビルダーメンバーが取り組むもので、世界で活躍する木造建築にかかわる匠たちの協力を得て、手作りの環境アイテムを開発し世に発信していく。

9月の防災月間に合わせ、ワークショップを開催しながら考え方を広めていくとしている。

取り組みに協力する匠たちは、堀木エリ子(和紙作家)、杉本広近(数寄屋大工)、横田栄一(組子職人)、和田伊弘(組子職人)、一松春男(和島塗師)、久住有夫(左官職人)、比地黒義男(庭師)など(敬称略)。

アキュラホームは2018年の西日本豪雨で発生した大規模な土砂災害を受け、世界で初めて間伐材を活用したカンナ削りの「木のストロー」を開発。廃プラ問題の解決や森林保全に役立つアイテムと評価され、昨年開催されたG20大阪サミットでも採用された実績を持つ。

2020年2月からは「1000万本の木のストロープロジェクト」をスタートさせ、世界の環境改善に貢献するための活動を始動。コロナ禍で中断を余儀なくされたものの、7月から活動を再開し、同ストローの普及に向けエシカルパートナーの募集も行うなどに取り組んだ。結果、第29回地球環境大賞「農林水産大臣賞」も受賞している。

9月に全国各地で開催するワークショップイベントでは、手作りの楽しさなどを伝えながら関連商品の販売なども行っていく。

【株式会社アキュラホーム】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る