Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

【病害虫発生情報】トビイロウンカに重ねて警戒 和歌山県防除所が注意報第2号2020年9月15日

一覧へ

和歌山県農作物病害虫防除所は、8月14日の注意報第1号発出後もトビイロウンカの多発傾向が続いているため、9月11日付で第2号を発出した。おもに県北部および中部で発生が多く、重ねて警鐘を鳴らした。

円形状の坪枯れ円形状の坪枯れ

注意報1号発出後もなおトビイロウンカが多発しており、9月上旬、県北部における発生ほ場率は88%(平年は14%)、25株当たりの成幼虫数は90.9頭(平年は3.0頭)におよび、県中部も同様に100%(同29%)、15.6頭(同1.7頭)といずれも過去10年間で最も多い状況が続いている。

各地で坪枯れの発生も散見されるため今後の拡大を予想しつつ、「株元に多数生息し、吸汁することことによりイネ株が枯死して円形状に枯れ上がり、次第に広がる」と念を押すように注意を促している。
そのうえで、同一のほ場でも発生には偏りがあるためほ場全体をしっかり観察するよう求め、一度防除を行っても再度発生状況を確認することを求めている。トビイロウンカの場合、イミダクロプリド剤やチアメトキサム剤、クロチアニジン剤の効き目が弱まっているため、防除薬剤の選定には注意が必要としている。

粉剤や液剤の株元への散布や、粒剤を使った場合効果が現れるまで時間がかかるので、1週間以内に収穫予定の場合は、トビイロウンカの発生が多くても薬剤は散布せず、早めの刈り取りを求めている。

【和歌山県病害虫防除所】

[関連記事]
ウンカ情報まとめ

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る