Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農水省 組織再編を検討2020年9月17日

一覧へ

農林水産省は組織再編を検討する。9月15日、退任前の最後の定例会見で江藤拓農相が明らかにした。

江藤農相は農協改革について「組織として自主的に改革するんだという強い意識を持っていただけるに至った」と評価し、「では、この農林水産省のあり方はどうあるべきなのかということも考えるタイミングに来たのではないかと考えている」と述べ、いくつかの指示を出したことを明らかにした。

食料産業局、生産局、政策統括官といった局をあり方を検討し、輸出促進のための組織や、米、麦、大豆、園芸作物を耕種農業として一体として担当する組織が必要との考えを示した。また、畜産についても輸出の柱になり、農業生産額の多くを占めるに関わらず、農水省では畜産部までしかないことから「局レベルで再編することが必要ではないか」とも話した。

組織再編の必要性については昨年の大臣就任後、4、5か月から考えてきたという。とくに豚熱対応では消費・安全局と生産局畜産部が関わるなど「少し整理したほうがいいと感じた」と明かし、「現場にばかり変化を求めるのではなくてわれわれも変わっていかなければならないことは言うまでもないこと」とし、次の農相にもその思いをしっかり伝えて現場に十分な貢献をする組織再編を進める必要性を強調した。また、菅新政権に対しては輸出5兆円目標の実現を通じて日本の農業を強くする基盤づくりや、規制改革によるスマート農業の推進などを通じて、「日本農業を強くし、地方を活気ある場所にする政策を展開していただきたい」を述べた。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る