Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

トビイロウンカ多発で「警報」 過去警報時の2倍以上 兵庫県2020年9月17日

一覧へ

兵庫県病害虫防除所は9月16日、県内全域におけるトビイロウンカの多発を受け、急いで防除を徹底することを促す「警報」を発信した。過去の警報時(平成26年)の2倍以上の発生が確認されている。

トビイロウンカによる坪枯れの前兆トビイロウンカによる坪枯れの前兆

きぬむすめやヒノヒカリ、山田錦など普通期栽培の水稲が対象作物で、9月9日、10日に防除員が35ほ場を調査した結果、それらすべてのほ場で発生を確認。8月中旬のほ場発生率(77%)をさらに上回り、一部のほ場では坪枯れもみられる状況にある。

払落し調査でも、一株当たりの成幼虫数5頭以上が基準になる「要防除密度」を超すほ場が37.1%(35ほ場分の13ほ場)に上り、平成26年に警報を発した際のほ場率(15%)の2倍以上となっている。坪枯れの前兆である黄化もみられるという。

要防除密度以下のほ場でも一株当たり1頭以上の成幼虫が確認され、「ほ場内で偏在して増殖することを考えると、収穫期までに多くのほ場で坪枯れが発生する可能性が高い」と指摘。

発生に好条件となる高い気温の状態が今後も続くと見込まれており、坪枯れの発生時期が早まる可能性も見込んでいる。県内全域でトビイロウンカがまんべんなく発生していることや、要防除密度をすでに超えているほ場が多数あることなどから、今後の坪枯れで減収被害を被るほ場が多くなると予想している。

これまで本田で防除を実施していないほ場では直ちに薬剤散布を行うこととし、黄化した箇所が見られた場合は速やかにその株元を観察し、本種の群棲が認められた場合は直ちに薬剤散布の実施などを求めた。
収穫期に近い散布となるため、使用する薬剤の収穫前日数を必ず確認することも要請している。

【兵庫県病害虫防除所】

(関連記事)
ウンカ情報まとめ

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る