想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「2020年世界食料デーイベント」オンラインで開催 FAO2020年10月9日

一覧へ

国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所は、10月16日の世界食料デーに合わせ、オンラインイベントを開催する。

「世界食料デー」は、飢餓に苦しむ人々のため、また、全ての人々に健康的な食事を確保する必要性について、世界的な意識喚起と行動を促す国連の記念日。毎年、各国政府、企業、メディア、自治体、市民社会組織や一般市民が集まり、約150の国々で関連のイベントや啓発活動が実施される。

2020年のテーマは、「育て、養い、持続させる。共に。―未来をつくる私たちのアクション。」。世界各国が新型コロナウイルスの影響にある中、今年は、特に最も脆弱な人々が、危機から回復することをめざし、持続可能でレジリエンスあるフードシステムの構築に向けた世界的な連帯と協力を呼び掛けている。また、生産者や食品業界など、食料が農場から食卓に至る過程を支える"フードヒーロー"を称える。

日本ではFAOが、国際農業開発基金(IFAD)、国連世界食糧計画(WFP)日本事務所との共催で、10月16日に日本人を主な対象としたオンラインイベントを開催。ローマに本部を置き、食料・農業分野の課題に取り組む国連3機関が集うイベントで、持続可能な開発目標(SDGs)にも掲げられている、飢餓と栄養不良のない世界を実現する方法について話し合う。パネルディスカッションは、日本担当FAO親善大使であるキャスターの国谷裕子氏が司会を務め、その後、質疑応答が行われる。

<実施概要>
日時:10月16日 16時~17時30分
場所:オンライン(Zoom)
言語:日本語・英語(同時通訳あり)
参加登録:参加登録フォームから要事前申し込み。定員は先着500人

<プログラム概要>
・プレゼンテーション「2020年世界食料デー」 FAO駐日連絡事務所長 日比絵里子氏
・パネルディスカッション

モデレーター:日本担当FAO親善大使 国谷裕子氏

パネリスト:農林水産省大臣官房国際部 国際政策課長 西経子氏、IFADグローバルエンゲージメント・パートナーシップ・資金調達部部長 ロン・ハートマン氏、WFP日本事務所代表 焼家直絵氏、FAO駐日連絡事務所長 日比絵里子氏

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る