想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:大豆剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

最新スマート農機の実演も「京都スマート農業祭2020」開催 京都府2020年10月28日

一覧へ

京都府と京都府農業会議、近畿農政局は11月13、14日の両日、ドローンやリモコン草刈機など最新のスマート技術を府内の農林漁業者に発信する展示相談会「京都スマート農業祭(まつり)2020」を京都府農林水産技術センター農林センターで開催。府内外の41企業と団体が出展し、ブース展示に加えてドローンやリモート草刈機の実演を行うなど最新の技術を紹介する。

「京都スマート農業祭2020」「京都スマート農業祭2020」ポスター
(クリックで拡大)

「京都スマート農業祭2020」は、ドローンやリモート草刈機の実演や、クラウドサービスを利用した鳥獣害対策、畜産業分野等の展示、IOT技術を導入した施設園芸用環境制御システムなど最新のスマート技術の展示・実演を行う。また、京都府の研究機関、他府県でのスマート技術の取り組みに関する講演会を実施。「京都府内のスマート技術での見える化の取組について」をテーマとする講演では、農林水産技術センター農林センター園芸部技師の日浦雄氏が登場。また、「AI収穫ロボットの開発と今後の可能性」については、AGRIST(株)取締役の高橋慶彦氏が講演する。

この他、経営相談コーナーでは、スマート機器・技術の導入や経営改善について専門家のアドバイスが受けられる。

<開催概要>

日時:11月13日13:00~16:00、11月14日10:30~15:30
場所:京都府農林水産技術センター農林センター(亀岡市余部町和久成9)
内容
(1)IOTやドローン等を活用した最新のスマート技術の展示・実演
(2)京都府の研究機関、他府県でのスマート技術の取組に関する講演会
日時:11月14日10:30~12:00

◆講演1
演題:京都府内のスマート技術での見える化の取組について
演者:農林水産技術センター農林センター園芸部技師 日浦雄氏

◆講演2
演題:AI収穫ロボットの開発と今後の可能性
演者:AGRIST株式会社取締役 高橋慶彦氏
会場:京都府農林水産技術センター農林センター講堂

※当日会場内にリモート会場を設置、リアルタイムオンライン配信予定

(3)経営相談コーナー

費用:参加無料
申し込み:事前申込不要※講演については事前申込が必要

<講演会事前申込方法>

京都府農業会議へ、代表者名・人数・参加希望の講演番号を記載の上、以下FAXか送信フォームから申し込む。(FAX)075-417-6870

締切
:11月11日16時※当日受付は不可

【送信フォーム】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る